なるやの漫筆 NEW

久方ぶりの富山駅

富山といえば名峰剱岳。その雄大な山々と足元に広がる日本海を長テーブル3つの上で表現してみた今回のBOOKDAYとやま駅。さすが日本の背骨、北アルプス剱岳こそ崩れることはなかったのですが、日本海の荒波は幾分か穏やかに。久しぶりの富山駅出店、ありがとうござい...

なるやの漫筆

感謝と収録

ご存知の方もちらほらいらっしゃるのですが、2ヶ月ほど前より少々体調を崩している。いた。交流分析でいうところのディスカウント。自身の価値の値引きがきっかけで睡眠が不安定となり、食欲も気力も衰え、およそ7キロ減。現在は食の細さや耳鳴りは止まないものの、...

なるやの詩

無題

愛を探しているのですが どこかにありませんか なるべく漢字が少なくて 小学生でもわかるような おじいちゃんからもらった お小遣いで買えそうな

なるやの詩

木陰を探すその影を追う子供 ビニールプールに浮かぶ象と缶ビールを眺める大人 互いに帽子の位置を確認しあい手を取って歩く老夫婦 ずっと眺めていた 涙をこらえながら

なるやの詩

こんにちはと聴こえてきたその声の正体を知らぬまま夏は終わる

なるやの詩

チョコレート工場までの道のりを確認すると誰も知らなかった

チョコレート工場までの道のりを確認すると誰も知らなかった 気がつくと同じ交差点を幾度もわたり 左側で進路をゆずろうとしている彼が20分前の僕であることにも気が付けず 横断歩道の上から見下ろしてくる信号機は 目を合わすことなく赤へと変わる チョコレート工場...

なるやの漫筆

ロゴ

よく通ってくれるお客さんにお願いしてお店のロゴを作って頂く。 上下のどちらを採用しようか悩んでるのですが、悩んでいる時間もまた楽しい。 お客さんからの買い取りや持ち込みがあって初めて成り立つ古本屋業。言わずもがなうちもそうで、けっして店舗は僕だけで...

なるやの詩

お昼寝

大きな栗の木の下であなたとわたしが遊ぶのはちょっと危険だけど人を守ると言われている樟だと思われる大きな木の下だと安心してお昼寝ができそうなんて考えながらうとうとしていたそんなわたしはいつの間にかその大きな木陰で一生覚めないでほしい夢を見た わたしは...

なるやの漫筆

街づくり

街づくりと聞くと二人の顔を思い出す。 一人は富山市中心市街地の賑わいを創出することを目的とした広場「グランドプラザ」の立ち上げから運営までをやってのけた山下裕子さん。僕と彼女との出会いは古く、きっかけは音楽だった。当時彼女は自身で仕事を持ちながら音...

なるやの漫筆

おじさんのつぶやき

人の話しを聴きながら過ごす日に「これだけお金にならないことをよくもまあ」と言われる。確かにそうかもしれないが、そうじゃないかもしれない。何故そんなことを好んでするのかと問われれば、そこに山があるから成らぬ「そこに喜びがあるから」と僕は答える。 連日...

カテゴリーリスト


痴的好キ心 カテゴリーリスト



古本なるやのオススメ

古本なるやの店主のページ