更新
情報

生き方研究話せる古本屋

生き方研究

話せる古本屋

トーク・グラフィッカー山口 翔太によるグラフィックファシリテーション。自身は単なる古本屋のつもりで開けているが、話せる環境さえ用意できればどんな場所でも人と繋がれるのではと常々思っている。孤立が最大の敵。近くに話せる場所がどんどん増えていくことを切...

寄り道人生

先日の寄り道

朝日新聞社の臨時特派員として戦場へ出向いた作家開高健が帰国後生きている事への実感を釣りに求めたように、早朝のスーパーマーケットで大量の品物に押しつぶされそうになってるおじさんも生きている実感を味わいたくバイト終わりに少し寄り道。開店前のスーパーマ...

生き方研究

エリックドルフィーと臨床美術

自由とは不自由なもので きっかけがあってはじめてこころが動き 身体が反応する。 エリックドルフィーの渇いた熱量と それに呼応するサウンドに揺さぶられ 新しい自分と出会う。 きっかけはどんなことでも構わないのかもしれない。

dialy

追加

最近出入りが賑やかになってきてなんだか嬉しいちくま文庫コーナー。自身が本を読み直すきっかけにもなった出版社なので思い入れも強い。絶版含み50冊ほど追加したので少々ご機嫌な金曜の午後。

寄り道人生

寄り道フィッシング

沖ですくすく育ったホタルイカが春先に子を産むため浅場にやってきて、その役目を終えるとそのまま息絶え絶えと力尽き、波に打ち上げられる。この打ち上げられる様を身投げというが、どうやらその時期が来たらしい。このホタルイカは群れで沖を回遊しており、他の魚...

漫筆

文章読本

ふらりと寄った新刊書店で「おい、春画コレクションばかり眺めてないで改めて俺を読み直してみろ。このへっぽこ店主が」と本棚のすまっこで少し拗ねてた彼からかまって欲しいアピールがあったので連れて帰ってくる。どれだけぶりかは記憶にないが以前に読んだ時は「...

jazz

伝統

何か新しいものが作られる場合、まっさらなところから突然ポコッと作られることは少なく、これまでの形が変化して新しく作られることの方が断然多い。しっかりとしたものを作ろうと思えばその土台、伝統的な部分が重要になってくる。文学然り音楽もまた然り。 他の音...

漫筆

徒然と

何かを発信したいという欲ばかりが先行し、ここぞとばかりに書こうとするが何も書けない。書けても何が言いたいのか分からない。よって消す。という一連の作業をずっと繰り返している。このままではまた「欲に殺されまい」と何か違った形で気持ちをごまかそうと依存...

漫筆

比較

自分と他人を比較して「よーし頑張るぞー」と前向きに捉えることが出来るのであれば何ら問題ないのだが「自分は出来ない奴だ。。。」と考えることで苦しくなってしまってはどうしようもない。比較してしまうこともどう考えてしまうかも思考の癖がそうさせてしまうの...

jazz

JAZZ GATE

今週末19日(日)はこちらで演奏のため臨時休業とさせて頂きます。 時間を見つけてせっせと練習。 富山石川の素晴らしいメンバーで構成されているバンドSUNCTUARYにバスクラリネットで参加してきます。よろしければ是非。