漫筆

もう一つのプロフィール

元サラリーマン。幼少の頃より音楽や楽器に親しみがあり、レベルミュージックの洗礼を浴びてバンド活動を始める。その後雑誌「Out there vol.8」(2001年発行 枻出版社)でフリージャズを知りライブを観ては涙する生活を送る中で、もはや必然であろうカウンターカル...

漫筆

ジェネ展にて

仮に同じ表現という行為であっても方法は様々で、文学や音楽、絵画や造形、踊りやなんかにはそれぞれにしか出来ない事があり、その各々の持つ特性を活かして作家は身悶え表現し、観るものに何らかを与えてくれる。 店に居たり事務所で仕事をしてるとそれはそれで刺...

漫筆

言葉と場所と過去と今

誰かの日常は誰かの非日常で、自分の当たり前は決して他の誰かの当たり前ではなく、その各々の価値観を持ってきても共感し、頷き、涙する。 がらんとした広い駐車場のどこに車を停めていいのかも分からなくなり、自ら帰りたくても帰れない状況を作っては徘徊を繰り...

漫筆

さてさて

死んだら負けと言われ生きて帰ってくるとそれはそれで何かと言われる大変な世の中では御座いますが、気がつくとお店はオープンしてから半年も経っててお金は増えてないけど少しずつ増えてる本と素敵なお客様に囲まれながら「もう死にたい」と気軽に吐き出せるお店を...

カテゴリーリスト


痴的好キ心 カテゴリーリスト



古本なるやのオススメ

古本なるやの店主のページ