更新
情報

漫筆お片付け

たくさんの本がある中でどれが正解で間違いなのかと問われれば全てが正解で間違いになる。本に書いてある内容はあくまで情報に過ぎず、どう感じてどう受け取るかはその人次第。提案くらいに留めておかないと一方的に振り回されてはなんの為に学んでいるのか分からなくなる。この話は本に限った話しだけではない。


人と向き合ってきて実際にアドバイスを求めて来られることも多く、それだけ問題を解決したいという強い気持ちが伝わってきたりするが、実際のところその答えを知っているのはクライアントしかいない。自らが知らないでいるのはその事に気がついていないか、もしくは分かっていても隠したくて押し込めているだけだと思われる。

周辺を見渡すとそこかしこで様々なやり取りが行われ、最もらしい答えが飛び交っている。しかしこの答えはあくまで話を聴いた側の意見であり、それが全てではない。問題に対しその答えで解決したのであればそれは良かったという話になるが、上手くいかないと辛さが増すだけになり得るし、そもそもクライアント自身適正な判断が出来る状態でなければアドバイスは思っているようには伝わらない。

クライアントを前にして僕たちが出来ることと言えば向き合って一緒に考えること位で、けっして答えを出すことが仕事ではない。世の中にはたくさんの社会資源がある。そこで上手くいかなかった、不快な思いをしている等、なにか感じることがあれば他を頼ってみることを提案する。

ここしかないと思い込んでしまっている状態だからそのアドバイスが全てになってしまう。しかしながら最後の砦だと思って必死にしがみつこうとする行為にもちゃんとした理由がある。これまで散々と試しては上手くいかなかったのではなかろうか。これまでよく耐えてきたんだなと思うと同時に、僕で良ければ話を聴きますよと伝えたい。

僕も数ある選択肢の中の一つとして利用してください。


カテゴリーリスト


痴的好キ心 カテゴリーリスト



古本なるやのオススメ

古本なるやの店主のページ