更新
情報

漫筆スタンプラリー

日常会話から始まる新しいコミュニティ

人はコミュニケーションを取り安心感を得ます。そして安心感を得ることでひとりの時間を楽しめるようになります。ひとりの時間を楽しむことはとても大切で、読書もそうですが自分と向き合うことに繋がります。しかし中には何らかの理由でコミュニケーションが取りづらく、安心感を得ることができないまま過ごしている方々もいます。不安を抱えたままでいるとなにも楽しめません。古本なるやではゆっくりと話すことができますので、まずなんでもないひと言をかけてみてください。気分転換になったり、自身でも分からないもやもやが明確になり、今より少しでも楽に過ごせるようになるかもしれません。些細なことから専門的なことまで、気持ちを言語化して整理するお手伝いをしています。

話せる古本屋としてオープンした古本なるやは日常会話だけではない、「本音を話せる古本屋」です。普段から本音で話しているつもりでも立場や環境によってなにが本音か分からなくなることもあります。全てが本音かもしれませんし、そうでないかもしれません。そういった社会的な立場や環境から一時でも離れ、純粋に心地よい時間を過ごしてもらえたらと、ゆっくり本を磨きながらお待ちしております。